観葉植物の基礎知識

現在、日本で観葉植物として栽培されている植物は、およそ1000種以上あると言われ、その種類は非常に多岐にわたりますが、園芸店などで入手しやすい種類は一般的に栽培が容易で人気があるものに限られてきています。

どれほど寒さに耐えられるかは、観葉植物の品種によって異なります。10度前後でも枯れてしまうものもあれば、氷点下3度くらいでも平気なものあります。育てようと思う観葉植物ごとに詳しく調べて、置き場所を工夫してあげる必要があるでしょう。

実は、観葉植物が冬や越冬後に枯れるのは寒さが原因である以上に、水やりのし過ぎや乾燥のし過ぎによる場合の方が多いものです。 乾燥する暖房室内では、霧吹きして葉水を行うなど、細やかな愛情が、やはり大切ですね。

南国で育ってきた観葉植物にとって、寒い日本の冬は苦手な季節です。冬越しが出来ずに失敗してしまった人も少なくはないことでしょう。種類による越冬対策を研究し、愛情をもって、観葉植物をケアしてあげて下さい。

チェブラーシカとオレンジ オレンジの木を種から育てることができるキット。オレンジは屋内でも育てやすく、観葉植物としても人気の果実樹木です。

チェブラーシカとオレンジ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。